掲示板のCGIを新しい物と入れ替えました。                                  書き込み閲覧等テストはしましたが不都合があればメールをください。
水の上からのメッセージ
プレビュー * 投稿者編集・削除 * 検索 * 閲覧専用ページ
最新の記事 (返信、投稿者編集・削除ができます)
♪ 小さな画像をクリックすると、ぴったりサイズのウィンドウで大きな画像が表示されます ♪
最新の記事の各ページには親記事数で 5 件ずつ表示されています。最新の記事に記録される記事総数は親子合計で 30 件です。 30 件を超えた投稿は 閲覧専用記事 でご覧になれます。
自分の投稿を編集または削除するときには、まず、各記事の右上にある □編集/削除 にチェックマークを入れます。 次に、 ○編集 または ○削除 のどちらかををチェックして、[実行] ボタンを押てください。
[736] 4月18日日本海
パスワード: 編集/削除 編集 削除
お名前: WOOD NOTE[123-1-57-28.stb1.commufa.jp] 2019/4/19/(Fri) 11:28
画像: 真鯛 (79KB)
真鯛 18日に日本海へ行って来ました。朝は風が3mくらいでゆっくり(いつもゆっくり)10時頃に出艇しました。水温13.8度、出艇したらすぐに微風、穏やかな海象です。浅い所はホンダワラの海藻でいっぱいです。ホンダワラが梅雨が終わる頃に切れて流れ藻になります。ここへ来る途中、桜が満開でした。春ですね。風がない時は取りあえず沖へ、、天候の変化にびびりながら水深90mで50cm、30cmくらいの真鯛が釣れました。ベイトの小魚は底にへばりつくように居ます。海はイルカの糞と思われる細かい浮遊物でいっぱい。イルカの姿は見えませんがたぶん最近まで荒らし回っていたのでしょう。活性のある真鯛以外は何も釣れません。真鯛はこの時期深場から浅瀬へ産卵の為のっこんでくるので花見鯛と言われています。午後からは近い場所でまたしつこくベイトのいる所を何度も攻めると80cmの真鯛が釣れました。これだけ大きいと上げるまで時間がかかります。何とか古いラインもリーダーも切れずに上がってきました。でかい魚狙いは止められません。はっきり言って中毒です。これが釣れて沖上がりです。気温は20度以上あり風がなく暑いくらいの気持ちが良い海でした。十分に満足! 
心地が良い疲れで思いっきり楽しかった。
[735] 釣れませんが・・・。
パスワード: 編集/削除 編集 削除
お名前: WOOD NOTE[123-48-79-52.dz.commufa.jp] 2019/3/22/(Fri) 11:13
画像: 敦賀湾 (43KB)
敦賀湾 3月20日、風が吹く前に日本海へ調査に行って来ました。水温11度前後で午前中は微風。10時出艇、コンディションは良いのですが魚探に反応は少なく、まだマダイの乗っ込みには早いようです。でもあと一週間か10日でしょう。エソさえも釣れませんが、魚探で群れの反応の上でしつこくジグを落としていたら近くに有名なブロガーのムームーさんが来て立て続けに10くらい釣っていました。https://plaza.rakuten.co.jp/tsuridoh06/
後で聞いたらジグサビキでデブなメバル、でかいアジ(30cmくらい)、メダイが入ったアイスボックスを見せて頂きました。手ぶらでは帰着しないのはさすがです。私はボウズです。
私は見ていないのですが沖に居たムームーさんはイルカが来てるとも言ってたので釣れなかったのでしょう。
私もジグサビキを持っていたのですがでかいのを一匹と言う願望を捨てきれずにそのまま終了しました。その場所はいつも同じような魚探の反応がある場所なのでベイトでは無くアジやメバル、メダイだったことがわかりました。でもでかいのが底の反応とは違い、すぐ上にいることも解っています。時合がいつか来ると信じて頑張ったのですが13時に諦めて帰着しました。
あれだけでかいアジやメバルなら今度はサビキを落として見ます。岸から近くて楽しみな場所です。
私は花粉症なのですが海では一度もくしゃみすら出ないのはどうしてなんでしょうか?
くしゃみも鼻水もなくスッキリ、気持ちが良い一日で楽しかったです。
[734] 雲行きが・・・。
パスワード: 編集/削除 編集 削除
お名前: WOOD NOTE[123-1-95-158.dz.commufa.jp] 2019/2/8/(Fri) 15:07
画像: 西の空 (70KB)
西の空 行って来ましたが、10時出艇してすぐ雲行きが怪しい。西の空の黒っぽい雲がもうダメを出しています。水温17度、今日は最高気温17度と言う予報で準備している時は汗をかきます。もう北西が吹かない時は大丈夫です。日差しはきつくなっています。しかし春特有の変化の早さ、激しさはあり注意する事は絶対です。海快晴よりもGPVが風等変化も含めて前日の予報は当たっていました。この写真を撮った後は西風が5mとなって帰りました。一度大きそうな魚が当たりましたが外れました。鳥山もあったのですが風が強くて行った時には無くなっていました。この風では行きたい所へ行けません。この後、海上風警報がでています。まあ、春は天候の急変があるので慎重な行動が必要です。でも帰って地元の人に色々情報を教えて頂き、次回から生かせると思います。楽しかったですが強烈な海でした。
[733] 1月10日太平洋
パスワード: 編集/削除 編集 削除
お名前: WOODNOTE[softbank060143073163.bbtec.net] 2019/1/10/(Thu) 19:59
画像: ハタ (79KB)
ハタ 寒さと中毒症状とのバランスが崩れて中毒症状が勝ち、行ってきました。現地で準備をして出艇すれば寒さは全くありません。水温16度でウェットスーツで良い水温です。ドライは着るのと脱ぐのが大変。手を入れても冷たくはなく気温よりも水温が高い。気温は陸上は低く寒いのですが海の上は陸上ほど寒くはありません。天気予報では気温が14度に上がると言ってました。風はないか微風でどこでも行けます。こんな穏やかな海は久しぶりで去年は一度もなかったと思います。でも予報は晴れだったのですが曇りです。北西の風さえなければ十分釣りになります。しかし、ベイトは海底にべったりでほとんど動いていないような感じです。ベイトの上に青物?らしき反応はあるのですが全く釣れません。大きなエソが釣れた時はひょっとして青物かと喜んだのですががっかりです。そのほかにハタが釣れたのですがリリース、青物をなんとかと粘ってもダメだったのですがベイトはいる場所は分かりました。だんだんベイトが底から離れだしたのですが帰る時間でもう粘れません。気持ちが良い一日で中毒症状は和らぎました。釣れませんが久しぶりの気持ちが良い海を楽しみました。
[732] 魚の学習の可能性
パスワード: 編集/削除 編集 削除
お名前: WOOD NOTE[123-48-79-93.dz.commufa.jp] 2018/11/10/(Sat) 10:03
画像: ホウボウ (77KB)
ホウボウ あまりにも釣れないのでどうしてかを考えてみました。朝早く出ないので良い結果が出ないと言う原因があるかもしれないが以前はそんな事はなかった。それにしてもあまりにも釣れない。以前は数時間でも大きな魚は釣れた時もあった。しかしだんだん釣れなくなって来た。それで一つの仮説を立ててみました。ジグにすれてきたのでは?川でフライを使って釣っている時でもあまり沢山の人が入っている川は魚がフライの近くまで来て反転して帰って行く事が多かった。これと同じ事が海でも起こっている可能性がある。猿が海水で芋を洗う事を覚えたらその群れだけで無く交流の無い群れでも同じ事を始めたと言う研究がある。それと同じである海域で学習した魚が他の場所の魚に伝わって行く可能性もある。魚は魚探で見れば以前と同じように居るのだが釣れない。ジグで釣ることを知った頃は面白いように大きな魚が釣れていた。今年は気象が激しくて浮いて居る時間が短い可能性も否定出来ない。結論はもう少し先になると思うが魚がすれてきたらジグを改良するかしゃくり方を変えるかを考えなくてはならない。短い次元ならすれていない魚が居る場所にを変えると言う方法もある。ジグを後ろ半分ソフトルアーに変えてみようかな。


管理者専用
-- AlbumBBS v2.6 ©2000-2003 KB --
Home icons designed by Miyurin & Yukkikki